皆様、ブロニカ(BRONICA)というブランドをご存知でしょうか?
「聞いたことある」っていう方の中には、【カメラ】を思い浮かべる方も少なくないはず…
そうなんです。
ブロニカ(BRONICA)は1958年に吉野善三郎氏の手によって誕生したカメラメーカーの名前なんです。
実用性を最優先して、低価格でハイクオリティーなカメラ製造を徹底したブロニカ(BRONICA)は、多くのファンの人気と信頼を獲得しました。
そして今、腕時計分野に事業展開をすすめたブロニカ(BRONICA)は、カメラと同じくリーズナブルでハイクオリティーな時計をリリースし、多くの腕時計ファンからの人気を獲得しています。

□■ブロニカ(BRONICA)担当者にインタビュー!■□

☆NEW☆

ブロニカ(BRONICA) 2016年の新作リリースを記念して!!!
 
我ら腕時計本舗スタッフの日ごろのお付き合いの成果もあり…なんと!ブロニカ(BRONICA)開発担当者様への独占インタビューに成功!
今回はそちらの内容をご紹介させて頂きます。

--ブロニカブランドについて--

Q1)「ブロニカ」ブランドとして、ものづくりに対してこだわっている点は何でしょうか?
 
メーカーとして当たり前の事ではありますが、ユーザー様にご満足頂けるアイテムを発信する事です。製造ラインを「日本製」に軸を置いているのもその理由の1つです。価格をリーズナブルにするために機能性や実用性を失ってしまうのでは「ブロニカ」のブランドを裏切ることになります。
デザイン性を追求しつつ、腕時計としての実用性をよりしっかりと追及していく事が大事かと考えます。
「ご使用頂いた方が、喜んで頂ける。」製造側の喜びはこれにつきます。
 
Q2)今の時代、腕時計にはどのようなものが求められているとお考えですか?
 
多種多様な時代ですから、色んな腕時計があっていいと思います。
最近はスマホを時計変わりにする方も多くいらっしゃいますが、スマートウォッチに代表されるように、腕に装着し時間を知るという文化は、結局行動的にもスマートですし、続いていくと思います。
ファッションの観点から選ぶ時計もあったり、遊びにベストな時計があったり、高級腕時計を長年愛用し、一生ものの腕時計にしたり。人それぞれかと思いますが、色んなシーンに合わせた腕時計を楽しんで頂きたいです。
ブロニカがリーズナブルでハイクオリティな腕時計を世に提供し続けるのも、シーンごとに様々なタイプのブロニカを楽しんでいただきたいという想いを形にしたとも言えますね。

--ブロニカ新作について--

Q3)ブロニカの新作はどのような特徴がありますか?
 
今回は「ソーラーダイバークロノモデル」という事で、「20気圧防水」、「クロノグラフ」、「ソーラームーブ」と機能面で結構盛りだくさんのものとなっております。
デザイン性、機能性とどちらも求められるユーザー様にきっとご満足頂けるアイテムになっていると思います。
 
Q4)製作するうえで、アイデアをどのように固めていきましたか?
 
 「機能面をとにかく充実させよう」というのが、最初のテーマでした。
アクセサリー要素が先行したデザイン重視でファッション性の高いアイテムは世に溢れていますので、腕時計の原点に帰り求めたのは、本来腕時計にあるべき「機能美」。機能を求めていった先に、それに沿ったデザインを加えてできたのがこの時計。といった感じでしょうか。
 
Q4)新作を誕生させる中で、どんな課題がありましたか?
 
機能を充実させる訳ですから、製造過程の問題なんかも出てきます。
当然、それに伴うコストの問題なんかも出てくる訳で(笑)。
ただ、機能がいいものが付いているから、ただ単純に高いですとユーザー様の手元にもいかないという・・・(笑)
このアイテムに関しては、まずBRONICAウォッチを付けて頂きたいという思いで作ってますから、そのあたりは踏ん張ってます(笑)
 
Q4)今回のブロニカは、どのようなシーンで活躍できる腕時計でしょうか?
 
ユーザー様次第です(笑)。20気圧防水となっておりますので、レジャーや趣味にもご使用頂けますし、ビジネスシーンにも合うデザインに仕上がってますので、様々なシーンで活躍してくれると思いますよ。
色々な場面でご使用頂き、腕元で一緒に過ごしたその腕時計を気に入っていただければ、最高です。
 

◆インタビューを終えて◆

開発担当者のお二方、本当にありがとうございました。
こうして時計業界においても、日本の技術が高いパフォーマンスを発揮していることに改めて感動しました。
読者の皆様もぜひ一度その高い機能性とデザイン性を、ご自身の腕でお試しください!

▼ブロニカの新作▼

ブロニカの時計が気になる方はこちら