老若男女から親しまれるシチズン様。今回は我々『腕時計本舗』のスタッフが、あのシチズン様から工場見学を許されるという何とも嬉しい展開に!「こんなチャンスは二度とねえ!」とばかりに意気込んで、工場内をしっかり見学してまいりました。それでは『時計界のキング』であるシチズン様の工場レポートの幕開けでございます!

●日本の有名メーカー<シチズン>

■ BETTER STARTS NOW

――――――――――――――――――――――――
どんな時であろうと、『今』をスタートだと考えて行動するかぎり
私たちは絶えずなにかをより良くしていけるのだ。

――――――――――――――――――――――――
まずは「シチズン様がどのようなポリシーを持っておられるか?」を、我々と一緒に勉強しておきましょう。
これがシチズン様の信念です。このような確固たる考えを持ち続けているからこそ、人の心を動かせるような素晴らしい商品を、これまでにたくさん生み出してきたのでしょうね。う~ん。これは納得です!

●いざ工場に潜入!

シチズン様の工場は、長野県の飯田にあります。都会の喧騒とは正反対。時間がとってもゆっくりと流れる空間で、シチズン様の時計は作られていたというわけです。空気がとても澄んでおり「ここに永住したい!」と思えるほど、穏やかな場所です。

我々は早速、工場へと入れていただいたわけですが、まず目に付いたのはクオーツの生産ラインです。
緻密で繊細な機器を組み立てるために、オートメーション化された最先端の工場がそこにはありました。
たくさんの人が品質管理に目を光らせております。こうして厳しい審査をチェックしたものだけが、我々の腕へと辿り着けるのですね。

お次は機械式の組み立て現場へと移動します。組み立ては複雑すぎることもあり、機械ではなく人の手で行わなければいけません。全てを機械で作っているわけではないのですね。組み立て後は、耐圧テスト、磁気チェック、その他にもたくさんある厳しいチェックを経ることにより、完成へといたります。ここまでの過程があって、ようやく時計たちは世に羽ばたいていくというわけなのです。
「日本の物作りはこんなにハイレベルだったんだ!」ということを実感し、心が震えました!

●針取付け体験に挑戦!

最後に我々は時計の針取付け体験をさせていただけることになりました。
ズブの素人である我々に、こんなことをさせてくれるなんてシチズン様の懐は、マリアナ海溝よりも深いですね!シチズン様の時計士の中でも、たった一人しかいらっしゃらない『スーパーマイスター』の称号をお持ちの方に教えていただきました。マイスターなのにとても気さくで丁寧なお方。親切に教えていただき、感謝感激の我々でした。

■最後に

初めは緊張したものの、たくさんのことが学べ、実り豊かな体験、見学となりました。シチズン時計様、シチズン時計マニュファクチャリング様、本当にありがとうございました!

もっとシチズンの時計を見る▼