2016年4月4日セイコーウオッチ株式会社より、メンズウオッチの新たなイメージキャラクターとして 北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手の起用が発表された。

大谷選手といえば2016年9月13日 札幌D日本ハム対オリックス戦で日本人最速の164キロをマークし、 打者としても打率326 本塁打22本を記録。(2016年9月15日現在)二刀流として大活躍中である。

前例のない中、更なる進化を求め挑戦しつづける大谷選手の姿勢や規格外の能力は 世界初のクオーツ腕時計を誕生させたのを切りに、つねに先端の技術を模索し、 時計の常識を革新させてきたセイコーのイメージにぴったりである。 



そんなセイコーが最新技術を駆使して新たな革命をもたらしたのが、世界初のGPSソーラーウォッチであるセイコーアストロンだ。アストロンは簡単なボタン操作でGPS衛星電波から現在地の正確な位置・時刻情報を取得する事ができ、 外出時などに、ダイヤルに太陽光が当たると5秒以内に自動でGPS衛星電波受信を行うことができ、万が一時計が袖口などに隠れて太陽光を感知できなくても、

前回強制受信に成功した時刻を記憶し、その時刻に自動受信を開始するので、毎日、意識することなく、いつでもどこでも正確な時間を刻むことができる。
 



CMでもでてくるアストロンのキャッチコピー『世界に挑む人へ』は世界をまたにかけて活躍している人はもちろんのこと現在、決意や覚悟を持って不安と戦いながら一歩前へ踏み出そうとしている者への応援メッセージなのではないかと思う。

時計業界をリードし高い技術で世界を驚かせてきたセイコーアストロンは、人生のターニングポイントで体の一部に迎え入れる相棒として、ふさわしい品質や機能を保持する一生物の時計である。

アストロンの限界を超えた大きな進化は 、明るい未来への架け橋となる。