腕時計本舗が運営する『スマッシュウォッチ』編集長の前下です!

「機械式時計には必ずワインディングマシーンが必要?」
「ワインディングマシーンにはどんな種類があるの?」

 
なんて疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
 
大切な機械式時計をできるだけ長い期間大切に使うためには、やっぱり収納方法にもこだわりたいですよね!
 
そんな中でもワインディングマシーンは、機械式時計を自動でメンテナンスしてくれる心強い相棒のような存在として知られています。
 
また、腕時計の高級感を一層引き立てくれるようなデザインも多く、観賞用としても満足感のあるモデルが多いです。
 
しかし、必ずしもワインディングマシンを使用した方が良い訳ではなく、誤った使い方をするとかえって故障の原因になることもあるのです!
 
そこで、今回の記事では、初心者の方にも分かりやすいように、ワインディングマシーンを効果的に使用するための情報についてまとめました!

ワインディングマシーンの役割や、メリットやデメリット、種類別のオススメ商品まで解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

【要注意!】機械式時計を放置しておく危険性

 ワイディングマシーンについて理解するために、まずは自動巻きの機械式時計の性質について解説していきますね!
 
ずばり、機械式時計を長い間身につけずに放置しておくと、故障してしまうリスクがあります!
 
機械式時計は、腕につけている間に生まれる遠心力により中のゼンマイが巻き上がり、そのゼンマイが解かれる動きにより時間が刻まれます。
 
内部には繊細なパーツやオイルが使用されているので、長い間使用しないとオイルが凝固し、機械が劣化するため故障の原因になるのです。
 
万が一の際には修理すれば良いかもしれませんが、メーカーなどに預けるため一定期間は使えなくなる上に、状態によっては膨大な費用がかかります。
 
大切な機械式時計を良い状態で維持するためには、定期的に身につけるなどしてゼンマイを巻いてあげることを頭の片隅に置いておきましょうね。

ワインディングマシーンとは自動巻時計を止めない為の道具

自動巻時計を身につけていない間もゼンマイを巻いてくれるのが、ワインディングマシーンです!
 
自動巻時計をはめる部分が回転することで、自動でゼンマイが巻かれるため、身につけていない間の劣化を防ぐことのできる優れものです!
 
実際に商品を選ぶ際には、回転方向が時計のゼンマイの巻く方向と一致しているかどうかを確認しましょう!

左巻き上げ、もしくは右巻き上げの2種類があるので、手持ちの腕時計に合わせて選びます。

どちらにも対応できる両巻き上げのものもありますので、今後も自動巻腕時計を買い足していきたい場合には左右どちらにも対応していると安心ですね。
 
価格帯が数千円代から数十万円まで幅広いので、性能やデザインを見ながら好みのものを選んでみてください!

ワインディングマシーンのメリットとデメリット

ワインディングマシーンのメリットとして、以下の2つを紹介します!
 
1. 腕時計の手巻きの手間が軽減される
2. 部屋のインテリアとして楽しめる

 
1つ目に、機械式時計をすぐに使える状況で保管できるということです!

通常は、数日間使用していない状態の場合、ゼンマイを巻いて時刻を合わせる作業が必要になります。
 
しかし、ワインディングマシーンの動きによりゼンマイが巻かれるため、手巻きの手間が軽減され、クォーツ時計に近い感覚で手軽に身につけられますよ!
 
2つ目に、ワインディングマシーン自体がおしゃれな作りになっているものが多く、お部屋のインテリアにもなるのです!
 
お気に入りの腕時計をメンテナンスしながら、カッコよくディスプレイされているのを眺める楽しさも味わえますので、一石二鳥といえますね!
 

次に、ワインディングマシーンのデメリットの2つについて解説します。
 
1.パーツが消耗する
2.磁気を帯びることがある

 
1つ目に、分解掃除を長期間していない場合にワインディングマシーンで回転し続けると、かえって故障の原因になってしまうことです!
 
機械式時計を定期的に分解掃除していなければ、時計を動かすための油が劣化していたり切れたりしている可能性があります!
 
そのため、ワインディングマシーンで強制的にゼンマイを動かしてしまうと、摩擦が生じ部品が故障してしまうことがあるので注意しましょう。
 
2つ目のデメリットとして、腕時計がワインディングマシーンの磁気を帯びてしまうことです!
 
ワインディングマシーンの磁気は微量なため、実際の影響力は非常に弱いものといわれています。
 
しかし、磁気を帯びると機械式時計の機能が衰えてしまうことがありますので、影響が少しでも気になる方は使用を避けた方が良いかもしれません。

ワインディングマシーンの種類とオススメモデル

ワインディングマシーンを選ぶとなった時に、自分に何が最適なのかを知りたいですよね!
 
そこで、ワインディングマシーンの種類やオススメのモデルをご紹介しますので、ぜひご覧くださいね!
 

1本収納できるタイプ

ワインディングマシン KA078 S

商品ページはコチラ

1本収納できるタイプでオススメが、
ホワイトカラーのシンプルなモデルです!
 
ACアダプターで充電できるため突然の電池切れにもすぐに対応でき、電池とは異なりランニングコストもかかりにくいです!

左右どちらの巻き上げにも対応しているので、回転方向を気にせず使用できますよ!
 
白のシンプルなデザインなので、どんな雰囲気の部屋にもマッチし、腕時計のかっこよさを一層強調します。

1万円以内で購入でき、お財布に優しい点も嬉しいポイントですね!

複数収納できるタイプ

ワインディングマシン KA076-DB

商品ページはコチラ

複数本収納するなら、こちらのシックでおしゃれなモデルがオススメです!

デザインに高級感が漂っており、
腕時計の魅力を引き立てます!

原動力としてマブチモーターを使用しているため、動作音が静かで寝室や仕事部屋などに置いても気になりません。

木目調はインテリアとして程よい存在感を放ちながらも、優しい色味なのでお部屋の雰囲気にしっかり馴染みます!
 

【結論】機械式時計はワインディングマシーンは無くても大丈夫!

ワインディングマシーンは、必ず必要という訳ではありません!
 
強制的にゼンマイが巻かれるため、知らないうちに消耗してしまったり、ワインディングマシーンの磁気が機械式時計に良くない影響を及ぼしたりする可能性があります。
 
ましてや、ワインディングマシーンに収納することによって安堵してしまい、かえって使用頻度が減ってしまえば本末転倒です。
 
むしろ、なるべく日常生活の中で機械式時計を使う頻度を増やすことで動かしてあげる方が、時計にとっても嬉しいはずですよね!
 
ただし、腕時計の本数が多かったりして頻繁に身に付けられず、分解掃除を定期的に行っている場合には、故障のリスクを避けるためにワインディングマシーンを購入するのも良いかもしれません!
 
ぜひ、ワインディングマシーンを日常生活へ効果的に取り入れつつ、機械式時計ならではの味わい深さを堪能してみてくださいね!

ワインディングマシーン まとめ

それでは今回のまとめです!

●ワインディングマシーンを使うメリット
 
1. 腕時計の手巻きの手間が軽減される
2. 部屋のインテリアとして楽しめる


●ワインディングマシーンを使うデメリット
 
1.パーツが消耗する
2.磁気を帯びることがある



今回は意外と知られていない
ワインディングマシーンについてご紹介をしました。

もし自動巻の時計を持っているけどワインディングマシーンは持っていないという方は、あるとオシャレで便利なワインディングマシーンの購入を検討してみてはいかがでしょうか?