季節の代わり目に、そろそろ夏コーデを始めた方も多いのではないでしょうか??
服や靴やアクセサリーを着せ替えるのも良いですが、今「時計を着せ替える」のが流行っているってご存知でしたか?
今回は、
①「ゴツめのイメージが強いダイバーズをフォーマルに着せ替え!」
②「ダイバーズ×NATOベルトでおしゃれカジュアルな夏モードに!」
③「NATOベルト×ダニエルウェリントンでゆるめな夏モード!」
の着せ替えをご紹介したいと思います。

①「ゴツめのイメージが強いダイバーズをフォーマルに着せ替え!」

<今回着せ替えるのはこの時計!>

伝説のカメラメーカーの情熱を受け継ぐブロニカ(BRONICA)の腕時計。
この男心をくすぐるゴツめのウォッチの表情を変えるカスタム例を紹介いたします。
今回用意するのは黒のラバーベルト!
ベルトを黒のラバーに変えることで、フォーマルでおしゃれな印象を演出します。

▼それがこちら▼

ゴツめのダイバーズウォッチが、ラバーベルトに替えるだけでだいぶ表情が変わりましたよね。
クールビズスタイルにメタルバンドだとちょっと重い印象になってしまいますが、これなら夏場の半そでのYシャツやポロシャツなどに自然になじんでおしゃれに着こなせるんじゃないでしょうか。

②「ダイバーズ×NATOベルトでおしゃれカジュアルな夏モードに!」

先ほどに引き続きブロニカ(BRONICA)のダイバーズウォッチを着せ替えます。
次に登場するのは、映画「007」でショーンコネリー演じるボンドがロレックスのサブマリーナ(Ref.6538)にNATOストラップを装着していたことから注目を集め、今では腕時計カスタムの定番になりつつある「NATOベルト」。

▼ダイバーズが劇的に表情を変えたカスタムがこちら▼

今回は少し落ち着いたカラータイプを採用。
カジュアルで夏モードの中にも、大人で落ち着いた表情を演出しています。
他にも様々なタイプのNATOベルトがリリースされているので、年齢やシチュエーションに合わせて、いろいろなタイプの時計と組み合わせることで、楽しみは無限大に広がりそうですよね。

③「NATOベルト×ダニエルウェリントンでゆるめな夏モード!」

最後に、今人気のNATOベルトに相性の良い、ダニエルウェリントン(Daniel Wellington)とのカスタムをご紹介します。

シンプルなデザインにも関わらず気品があり、人気急上昇のダニエルウェリントン(Daniel Wellington)は、もともとNATOベルトを好んでいたダニエル・ウェリントン氏が、あらゆるバンドと相性の良いシンプルかつエレガントな時計を作りたいという想いで作られた時計です。

▼その成果がこちら▼

いかがでしょうか。
派手目なベルトでカスタムしても、シンプルかつ上品なダニエルウェリントンの雰囲気が、遊びすぎないカスタマイズを実現します。
男性にも女性にも人気のダニエルウェリントンなら、NATOベルトとセットで一年中楽しめるアイテムとして、プレゼントなどにもとても喜ばれると思います。
 
自分のお気に入りの時計を1本でも様々な遊び方で楽しむ方が増えています。
ご自信でもぜひ一度、自分なりのベルトカスタムに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ベルト付け替えならこちら