逆輸入モデルという言葉はよく耳にするけれど、実際にはどういったモデルを指す言葉なのかよく分かっていない、という方は多いのではないでしょうか?
知らない方のために逆輸入の意味と仕組みについて解説した上で、腕時計の逆輸入モデルの魅力について迫りたいと思います。

腕時計を購入しようと考えているけれど、普通のモデルではなく誰も持っていないモデルが欲しいという方には逆輸入モデルがおすすめです!

逆輸入って何?

逆輸入というのは、自国から輸出した製品を再び輸入すること、または海外で生産された自国の製品を輸入することを意味します。
メーカーによってどちらのタイプの逆輸入をしているかは異なりますが、前者の場合は日本で生産した製品を一旦海外に輸出し、再び輸入して販売される製品を指して逆輸入製品と呼ばれます。
後者の場合は日本原産の製品が海外で生産され、それを輸入することを指します。

逆輸入製品のメリット

逆輸入製品は腕時計をはじめ、バイクや車の逆輸入が知られており、技術や文化においても逆輸入という言葉が使われることもあります。
また、円高になると安く輸入することができるため、円高の時は逆輸入をすることで低価格で販売できるというメリットがあります。
反対に円安の時は逆輸入のコストが増えるため控える企業が多くなります。
人件費が安い海外で生産された逆輸入製品は、同じモデルでも国内生産品よりも低価格になることが多くあります。
海外モデルにしかないデザインを採用している製品も多いため、逆輸入製品はデザインにこだわりたい方にメリットがあります。

正規輸入品と並行輸入品の違い

逆輸入製品を調べていると、正規輸入と並行輸入という言葉を目にする機会が多いかと思います。
輸入品は正規の代理店が輸入・販売する正規輸入品と、正規代理店ではない他の業者が輸入・販売する並行輸入品の2種類に分類されます。
製品自体は同じなので品質に差はありませんが、正規輸入品と並行輸入品には以下のような違いがあります。

・正規代理店のサポートや保証を受けることができる
・日本語マニュアルが付いている製品が多い
・値引きが少ないため並行輸入品より割高

【並行輸入品】

・低価格で販売される
・国内未発売の製品が手に入る
・日本語マニュアルが付いていない製品が多い
・購入後のサポートや保証が受けられないことが多い
(サポートをしている業者もあります)

腕時計の逆輸入と言えばセイコー

腕時計の逆輸入で有名なのはセイコーです。
ご存知の方が多いと思いますが、セイコーは東京に本社を置く日本の腕時計メーカーで、腕時計ブランドとして国内だけでなく海外でもその名が広く知られています。
セイコーの腕時計の逆輸入モデルは有名で、コレクターも多数います。
国内で販売されていたモデルが廃盤となった後に海外のみで販売されていたり、海外限定のモデルが人気を集めたり、セイコーの逆輸入腕時計は国内でも人気です。
セイコーのクロノグラフはデザインの人気がとても高く、多くの人が機能美に心を奪われています。
一口にクロノグラフと言ってもいろいろなモデルがあり、逆輸入モデルもたくさんありますので、お好みでデザインをお選びいただければと思います。

逆輸入モデルで差をつける

逆輸入モデルは価格が安いことが魅力ですが、通常モデルにはないデザインも魅力です。
通常モデルとは違ったこだわりのデザインを採用している逆輸入モデルが多く、みんなが持っているモデルとは違うデザインの腕時計が欲しい方には逆輸入モデルをおすすめします。
国内で販売されていない海外モデルは国内では希少性が高いので、同じモデルを持っている方にそうそう出会うことはないでしょう。
この点からも人が持っていない腕時計が欲しいという方には、逆輸入モデルを一度考えてみてはいかがでしょうか。

また、他の人と差をつけるために無理して高級腕時計を購入するより、デザインにこだわった逆輸入モデルを選ぶ方が出費を抑えて他の人と差をつけることができます。
セイコーの逆輸入腕時計は低価格でありながら高品質、かつ人気のあるデザインが多いので、腕時計の購入を検討されている方は、逆輸入モデルも選択肢に入れてみてはいかがでしょう。
たとえばセイコー「クロノグラフ SND411」は逆輸入モデル(海外モデル)なので、日本ではあまり販売されていません。
日本では流通数が少ない海外モデルという希少性、クロノグラフのカッコよさを持ちながら低価格であるという魅力が人を惹きつけます。

逆輸入モデル、品質は大丈夫なの?

逆輸入モデルは「国内生産モデルより品質が悪そう」というイメージを抱いておられる方は少なくないと思います。
その理由のひとつに低価格であることが関係していると思いますが、逆輸入することで低価格を実現していますので、品質や材料の質を落としているから価格が安くなっているというわけではありません。
セイコーの腕時計は国内だけでなく海外でも評価が高く、逆輸入モデルも高く評価されています。
国内生産モデルの方が品質が良さそうというイメージを多くの人が抱いていますが、セイコーの逆輸入モデルは品質が高いので安心ができます。
たとえばセイコー「クロノグラフ SND495」は日本国内で部品構成し、海外で組み上げているため、品質を維持しながら低価格を実現しています。
赤の文字盤がカッコ良く、こだわりを感じる腕時計となっています。