金属アレルギーだから、金属系のバンドを使っている腕時計は身につけられない… 
そんな悩みを抱えている方に、チタンバンド腕時計をおすすめします!

チタンは金属アレルギーが起こりにくい性質を持っているため、金属アレルギーの方でも安心して身につけることができます。
ではなぜ、チタンは金属アレルギーが起こりにくいのか?
その理由と、チタンバンドの持つ3つの魅力について解説したいと思います。

チタンは金属アレルギーを起こしにくい

最初に金属アレルギーの仕組みを解説すると、金属そのものが直接金属アレルギーを引き起こすわけではありません。

金属が人の汗や体液に触れると金属イオンが微量に溶け出し、この金属イオンが人体のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、人体がアレルゲンを異常な物と認識して過剰反応することによってアレルギーが起こります。

では、金属の一種であるチタンはどういった性質を持っているのでしょうか?
チタンは表面に酸化チタンの膜を生成して金属イオンを溶出させない性質を持っているため、他の金属よりも金属アレルギーを引き起こしにくいのです。

このようにチタンは金属アレルギーを引き起こしにくい金属であることから、アクセサリーなどで広く使われています。
腕時計のバンドにもチタンが使われていますので、金属アレルギーを持っている方はチタンバンドの腕時計がおすすめです。

アテッサの魅力の秘密に迫る!

チタンは歯科インプラント治療にも利用されている

チタンは金属アレルギーが起こりにくいというけど、本当に大丈夫かな?
と不安を感じている方のために、少しインプラント治療についてお話したいと思います。

歯科インプラントは顎骨に人工歯根を埋め込む治療法で、安定性が低い入れ歯やブリッジと異なり、顎骨に固定することで安定して咀嚼することができます。

チタンはサビや劣化が起こりにくく、安定した金属であることから歯科、医科のインプラント治療に利用されています。
体内に金属を埋め込むのですから、サビたり劣化しにくいチタンはインプラント治療に向いているのです。
先に解説したように、チタンは金属アレルギーが起こる可能性が少ないという点も、インプラント治療に利用されている理由のひとつです。

顎骨に埋め込んでも金属アレルギーが起こる可能性が少ないため、チタンはインプラント治療に広く使われています。

チタンが歯科インプラント治療で使われているのにはもうひとつ大きな理由があります。
チタンは生体親和性が高く、骨と結合させることができるからです。
歯科インプラント治療では健常な歯と同じく歯槽骨とインプラントを結合されることによって固定します。
骨と結合する性質を持つチタンは、歯科インプラント治療に欠かせない金属なのです。

以上の理由から、チタンは歯科インプラント治療の分野で主要な材料として使われています。
チタンが歯科インプラント治療で使われていること、安全性が高いということが分かると安心できますよね。

チタンバンドの魅力その(1):金属アレルギーが起こりにくい

先ほど説明した通り、チタンは金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出しにくい性質を持っているため、金属アレルギーの方も安心して肌に触れることができる素材です。
ですので、チタンバンドを採用している腕時計は金属アレルギーの方でも安心して身につけることができます。

ニッケル、クロム、コバルト、水銀は 4大メタルアレルゲン物質と呼ばれ、銅も金属アレルギーが起こりやすい金属です。

チタンによって金属アレルギーが起こらない可能性は100%ではありませんが、チタンアレルギーを起こす人は非常に稀であるため、ほとんどの方はアレルギーが起こりません。

腕時計のバンドに使われている金属により、金属アレルギーが引き起こされた経験がある方には、チタンバンドの腕時計をおすすめします。

チタンバンドの魅力その(2):クールな材質感

チタンバンドの2つめの魅力は、チタンが持つクールな材質感にあります。
金属アレルギーが起こりにくいだけでなく、高級感があることからチタンバンドの腕時計は人気があります。

美しい光沢を持ちながら、主張しすぎないさりげないカッコ良さを持っているので、高級感があるといっても全然嫌味な感じを出しません。

ステンレスも金属アレルギーが起こりにくいですが、チタンの方が見た目に高級感があるので、ステンレス製とチタン製の腕時計、どちらにしようか迷っておられる方は、チタンの持つクールな材質感を一度手に取って見てみてください。

チタンバンドの魅力その(3):軽量&頑丈

チタンはサビや劣化に強いだけでなく、軽量かつ頑丈という優秀な性質を持っています。
軽さについては比較対象にもよりますが、鉄と比べると約40%も軽い素材です。

他にも軽い素材はたくさんありますが、軽量であると同時に頑丈であることがチタンの魅力です。
チタン合金は実用金属の中ではトップクラスの強度を誇り、ジェットエンジン、自転車、ゴルフクラブなどにも使用されています。

腕時計が重いとだんだん疲れてくるので、軽量な腕時計がいいという方にはチタンバンドが向いています。
特に歩きまわることが多い営業マンには、軽量かつ頑丈な腕時計の方が実用的なのではないでしょうか。

チタンバンドは軽量で頑丈、という理想的な条件を揃えていますので、金属アレルギーを持つ方だけでなく、軽量で長持ちするバンドを選びたいという方におすすめです。