『予算に合わせてオススメのブランドを探したい!』

そんなお客様へ、今回は...

●【コスパ最強】5万円以下
●【オシャレ好きへ】5~15万円
●【一生モノの高級時計】15万円以上


と、予算別に3種類に分けてそれぞれのオススメブランドをご紹介していきます!


~今回ご紹介のブランド~

●【コスパ最強】5万円以下
・セイコー アルバ
・ダニエルウェリントン
・カシオ べビーG

●【オシャレ好きへ】5~15万円
・セイコー ルキア
・シチズン クロスシー
・ハミルトン

●【一生モノの高級時計】15万円以上
・オメガ
・グランドセイコー
・ブルガリ

【コスパ最強】5万円以下

まずは腕時計本舗でも最も人気のコスパ最強シリーズです!

初めて腕時計を購入する人にとっては、

「いい時計が欲しいけど...いきなり高い腕時計を買うのは不安」

そんな人にピッタリな予算5万円以内でオススメのブランドをご紹介していきます!

▼ラインナップはコチラ!

・セイコー アルバ
・カシオ べビーG
・ダニエルウェリントン

セイコー アルバ

1979年に多様化する需要に応えるために誕生したアルバ。
 
1万円以下というリーズナブルな価格帯のアルバは当時の若者にとっても手が届きやすく、腕時計を身につけたことのない人々の興味をも惹きつけました。
 
ナイロンベルトが使われていたり暗闇でも針が光るルミブライト仕様になっていたりするカジュアルラインから、牛革やステンレスベルトが使われたきれいめデザインのラインまで幅広く取り揃えているのでTPOに合わせて選んでみてくださいね。

▶︎アルバの商品を探す

カシオ べビーG

レディース向けのタフネス時計の代名詞であるベビーG。
 
ぶつけたり落としたりといった衝撃に強く、10気圧以上の防水機能を備えており水仕事や水泳など水のかかる場面にも最適です。
 
またデザイン性の高さも人気の由縁であり、色展開が豊富な上に有名ブランドやアーティストとのおしゃれなコラボモデルも数多く展開しています。
 
GショックとベビーGでデザインを揃えられるモデルもあるためカップルや家族のペアウォッチをお探しの方も要チェックです!

▶︎ベビーGの商品を探す

ダニエルウェリントン

英国紳士のクラシカルなイメージをもとに作られたダニエルウェリントン。
 
秒針はなくインデックスが線で表現されており、シンプルを極めたデザインは流行を問わず飽きずに長く愛用できます。
 
ベルトはレザー、ステンレス、ナイロンベルトに自由に付け替えられるため、たくさんのコーディネートを楽しめます。

▶︎ダニエルウェリントンの商品を探す

【オシャレ好きへ】5~15万円

次に、腕時計を購入したいけれども、

「高すぎず安すぎずな値段でいつでも使えるオシャレな腕時計が欲しい」

と考えているオシャレ好きな人にぴったり!予算5万円〜15万円でオススメのブランドをご紹介していきます!

▼ラインナップはコチラ!

・セイコー ルキア
・シチズン クロスシー
・ハミルトン

セイコー ルキア

おしゃれさと機能性を両立させたセイコールキアは、OLや主婦から絶大な支持を集めています。
 
定期的に期間限定モデルを発表しており日々頑張る自分へのご褒美にはもちろん、節目の時期や記念日の思い出の品としてもおすすめです。
 
小ぶりでかわいいモデルからクロノグラフのかっこいいモデルまで多く展開していますが、いずれもオンオフ問わず使えるデザインなため1本持っていると重宝します!

▶︎ルキアの商品を探す

シチズン クロスシー

1996年に誕生したクロスシーは主にレディースラインの腕時計を扱っています。
 
見た目の可愛さはもちろんのこと、シチズンが世界に先駆けた技術を搭載しているため使い心地も快適です。
 
傷に強くて軽量なスーパーチタニウムは、軽量で腕時計をつけ慣れていない人にもぴったりな素材です。
 
また10万年に1度の誤差といわれる原子時計の電波を受信して時刻やカレンダーを調整する電波受信機能や、太陽光や室内光で受電できるエコ・ドライブなど信頼できる機能を備えるモデルも多数揃えています!

▶︎クロスシーの商品を探す

ハミルトン

1892年にアメリカで生まれたハミルトンは、数多くのシリーズがありそれぞれの魅力を秘めています。
 
ジャズマスターはジャズ音楽のように自由な発想を大切にしており、伝統と革新を調和させたモデルです。ビジネスシーンでも身につけやすく、メンズモデルと同様の高性能なムーブメントを搭載しているモデルもあり腕時計好きの女性からも注目されています。
 
アメリカンクラシックは全体的にヴィンテージ感のあるモデルが多く、トノーやスクエアフェイスはクールな印象を与えます。
 
また「ハミルトンといえば」といわれる左右非対称のケースが印象的なベンチュラは、ファッションのアクセントとして存在感を放ちます。
 
現在ハミルトンはスイスのスウォッチグループに加入していますが、スイスメイドの腕時計の中では手に取りやすい価格帯なのも人気の秘訣です。

▶︎ハミルトンの商品を探す

【一生モノの高級時計】15万円以上

最後に、

「一生ものの腕時計として恥ずかしくない、長く使えるモデルが欲しい」

と考えている人にぴったりな予算15万円以上でオススメのブランドをご紹介していきます!

▼ラインナップはコチラ!

・グランドセイコー
・オメガ
・ブルガリ

グランドセイコー

セイコーが誇る国内最高峰の腕時計であるグランドセイコー。心臓部分であるムーブメントの設計から出荷まで全て自社で行っており、機械式時計は「雫石高級時計工房」、クォーツ時計は信州の「時の匠工房」を拠点としています。
 
レディース時計はクォーツ式を中心に展開し、年差10秒かつ電池寿命が3年という精度の高さを誇ります。
 
機械式時計は小型かつ高性能なキャリーバー9S25を搭載していたり、セイコー独自の合金素材Spronを使用していたりなどセイコーの技術力を存分に堪能できるモデルになっています。

▶︎グランドセイコーの商品を探す

オメガ

スイスメイドの伝統ある高級時計として憧れる方も多いオメガの腕時計。20〜30万円代で購入できるモデルも数多くあるため、初めての高級時計としても選ばれやすいです。
 
また多くのストーリーを持っているオメガは数々の腕時計マニアからも愛されています。
 
アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した時に宇宙飛行士であるバズ・オルドリンがスピードマスターを身につけていたり、映画007シリーズに出演していた公ジェームズ・ボンドが着用していたりと様々な歴史を持っているのです。
 
シンプルなモデルはブランドの主張が強すぎないためビジネス用としてもおすすめですし、ダイヤモンドがあしらわれた華やかなモデルは休日を楽しむための相棒としてぴったりです。

▶︎オメガの商品を探す
 

ブルガリ

1884年に創業したブルガリは1977年にアイコンウォッチとなるブルガリブルガリを発表し腕時計業界にも乗り出しました。
 
1980年代には腕時計を専門に扱うブルガリ・タイム社を設立し、2009年にはブランド誕生125周年を記念したソティリオ・ブルガリを発表しました。
 
2000年代には腕時計ブランドのジェラルド・ジェンダ社とダニエル・ロート社を吸収し腕時計ラインにもより力を入れています。
 
ファッションブランドならではの華やかな装飾はとても美しく、年齢を重ねていくほどさらに肌へ馴染んでいくようなアイテムです。

▶︎ブルガリの商品を探す