『腕時計を買いたいけど...ブランドが多すぎてどれが合ってるのか分からない!』

そんなお客様へ向けて「これを選べば間違いなし!」という腕時計本舗がオススメするメンズブランド10選をご紹介していきます!

~今回ご紹介のブランド一覧~

【定番ブランド】
①カシオ
②セイコー
③シチズン

【他人と被らないオシャレなブランド】
④ハミルトン
⑤オリエント
⑥スカーゲン
⑦アニエスベー
⑧エンポリオアルマーニ

【高級な時計が欲しい人へ】
⑨オメガ
⑩タグホイヤー

カシオ(CASIO)

まずは男性からの絶大な人気を誇る腕時計の定番中の定番、カシオ(CASIO)です!

楽天市場のメンズ腕時計ブランドランキングの上位のシェアも圧倒的にカシオのモデルが多いことが、何よりの人気の証拠ですね!

腕時計本舗では海外からの直輸入品も多く取り揃えており、当店でしか取扱いの無い商品も多数ございますので、他の人と被らないオリジナルなモデルをお求めの方は是非一度ご覧ください!

オススメのモデルとして、
『Gショック』『オシアナス』をご紹介します!

Gショック

カシオ(CASIO)の時計といえばG-SHOCKシリーズ、2013年に誕生30周年を迎えました。

今でこそ人気シリーズとして知られるG-SHOCKですが、日本では当初、人気があったとはいえませんでした。不遇だったG-SHOCKに最初に注目したのはアメリカです。落ちても壊れないタフネスさがヒットし、日本はそれを逆輸入する形でブームとなりました。

現在もカニエ・ウェストやジャスティン・ビーバーなどの世界的なセレブから熱い支持を集めています。

カシオではG-SHOCKをはじめとして海外をターゲットにした海外専売モデルを発売しています。海外インポート品では、日本ではなかなか手に入らないデザインの時計もあるので、他と差をつけることができるでしょう。

オシアナス

オシアナス(OCEANUS)が追求しているのは「エレガンス」と「テクノロジー」の共存です。

オシアナスの時計には6モータードライブ、新開発の小型モニター、ソーラーセルなどの新テクノロジーが満載。とくに、全ての機能をダイヤル上で一覧表示できるマルチファンクションディスプレイは便利な機能です。

デザイン性も高く、ダイアルリングやメタルパーツに配されている印象的な青は「オシアナスブルー」と呼ばれます。大胆なワイドフェイスは、立体感があって高視認性を確保しています。

ンズウォッチとして楽しめるものは次の3ライン。装着感と満足度を追求した「マンタ」、ユーザビリティ重視の「クラシック」、斬新なフォルムとカラーリングが楽しめる「3ハンド」が存在します。

セイコー(SEIKO)

セイコーは言わずと知れた世界有数の技術力を誇る国内最大の時計メーカーです!

セイコーの名前を一躍広めたのはクォーツムーブメントの開発。1969年に世界初のアナログ回路を用いたリストウォッチを登場させ、世界を驚かせます。これは「クォーツショック」と呼ばれ、時計の歴史を変えた出来事として深く刻まれました。

現在はスプリングドライブという次世代ムーブメントの開発に尽力しており、常に時代の先端で挑戦し続けるフロンティアスピリッツには、世界から惜しみない賞賛が送られています。

セイコーのメンズウォッチは高品質な時計を安価に購入できるイメージもありますが、高級志向の「グランドセイコー」や「ガランテ」などといった別ラインを用意するなど、高級時計ブランドとしても地位を獲得しており、多彩なラインナップから商品をセレクトできます。

そんなセイコーのオススメモデルは、
アジア各国で大ヒットした輸入モデルの『セイコー5』、様々な場面で活躍できる万能モデル『プロスペックス』、実用時計の最高峰をテーマとした『グランドセイコー』の3種類です!

セイコー5

セイコー5は、1960年代~70年代にかけて若者を中心に大ヒットしたモデルですが、クォーツ時計とデジタル時計が誕生した背景のなかで、日本では生産中止となってしまいました。

しかし、生産が続けられていたアジア各国は手頃な価格帯と質感のあるデザイン性が海外で支持され、大ヒットを果たしました。

そこから日本へ輸入するという「逆輸入モデル」として、日本で再ブレイクを果たしたのでした。

自動巻きで使用する「レトロ感」や「アナログ性」も人気の秘密のようです。自分だけのカスタムモデルを作っているユーザーも多く、時計好きなら是非チェックして欲しいメンズウォッチが展開されています。

プロスペックス

プロスペックスは1965年の誕生当初には、150m防水という画期的な防水機能を備えた日本で初のダイバーズウォッチです!

2020年には55周年を迎えるプロスペックスは、防水性・堅牢性といった機能性に優れアウトドアで利用でき、他にも視認性に優れたシンプルでオシャレなデザインはビジネスでもカジュアルでも使える、まさに万能モデルです!

グランドセイコー

シンプルかつオーセンティックなデザインが特長のグランドセイコー。

「実用時計の最高峰」をテーマに極限までムダを省いて、スッキリとしたフォルムや視認性の高い文字盤が実現し、世界屈指の正確さと信頼性を誇る時計となりました。

ビジネス、フォーマル、カジュアルとどんなシーンにも合わせやすいシンプルなデザインの時計です。

流行や時代にとらわれることのないワンランク上のメンズウォッチを身に付けて、一緒に時を刻んでみてはいかがでしょうか。

シチズン(CITIZEN)

1918年に尚工舎時計研究所として創業したシチズン時計。1924年には懐中時計の「CITIZEN」を発売し、これがシチズンブランド発端のきっかけとなりました。

シチズンの名は、「市民に親しまれるように」という願いを込めて名づけられました。戦時中には「大日本時計株式会社」への社名変更を余儀なくされるなど、幾多の困難にあったシチズン時計ですが、戦後は目まぐるしい飛躍を遂げ、日本最大級の時計メーカーへと成長しました。

クオーツ式時計が主流となる以前、電磁テンプ式時計の国産化にいち早く成功したことでも知られています。

シンプルでカッコいいデザインは特にビジネスウォッチとして幅広い年代の男性からも高い支持を得ています!

アテッサ

アテッサは常に時代の先端を走ってきた人気モデルです!

ほとんどのモデルに搭載されている電波受信機能により、時刻を自動修正でき、中でも上位のモデルでは世界最速の時刻修正を可能にしたサテライトウェーブGPS機能を搭載したことでさらに時刻の精度を高めることに成功しました!

さらに、ケースにはスーパーチタニウムという高級素材が採用されており、ステンレス時計と比べると40%も軽く、はるかに丈夫な素材でできています。

「軽い」「上部」「正確」の3拍子揃った言うこと無しのモデルです!

プロマスター

シチズンから展開される本格スポーツウオッチ「プロマスター」は、陸・海・空、あらゆるフィールドで最大のパフォーマンスを発揮するために誕生しました。

それぞれに高い堅牢性、耐久性、機能性、操作性をもち、プロフェッショナルの使用に耐える機能の安全性と信頼性が、世界5カ国以上で高く評価され多くの愛用者を獲得しています。

ハミルトン

ハミルトンは1892年にアメリカで創業した老舗の腕時計メーカーで、高級すぎるイメージも無く、買いやすく使いやすい腕時計です。国内最大の腕時計ECサイト『腕時計本舗』を運営する弊社でもハミルトンは非常に多く年代も幅広くお客様へご購入いただきました。

ハミルトンの大きな特徴として、
裏打ちされた確かな信頼性と精度があることです。

またハミルトンの作り出す時計は鉄道会社・アメリカ軍が重宝したほどの技術力・堅牢さ・伝統があるだけではなく、洗練されたデザインがカジュアルからスーツスタイルまで幅広く、腕元からファッションを引き締める逸品として現在でも世界中で親しまれています。

カーキ

カーキはハミルトンを代表する腕時計の1つです。

戦争を背景として生み出されたミリタリー風のウォッチで、正確性・強靭性・視認性などが当時から認められていました。現代では、フィールドウォッチとして日常生活に馴染むものとして蘇っています。

そんなカーキの魅力はシンプルなデザイン性です。元々がミリタリーウォッチであったことから、無駄な要素を一切排除して、実用性に富んだシンプルなフォルムに仕上げられています。

カーキの男臭いほどに無骨で、一方で洗礼されたデザインが、カジュアルスタイルからスーツスタイルまで幅広く適応するため、現代でも大人のスタイルとして人気があります。

ジャズマスター

ハミルトンの代表的モデルの一つ「ジャズマスターシリーズ」は、ハミルトン創業と同じ時代の1890年にニューオーリンズで生まれた、ハミルトンが大好きな音楽『ジャズ』からインスピレーション受けて誕生しました。

アメリカの洗練や自由を象徴するジャズと、スイスの当時の最新技術が融合した生まれたモデルです。

重厚感のあるシックなデザインで、誕生当初のイメージ通り、洗練された大人の男性にふさわしいドレスウォッチをお楽しみいただけます!

オリエント

オリエントの魅力は『コスパ』に尽きます!

時計ブランドの中でも最も、高品質と低価格の両立に成功しているブランドであり、そのために「恥ずかしい」「安っぽい」という一部のネガティブな声が目立っているようですが、実際は地位も年代も関係なく非常に幅広い層から高い支持を得ているのが現実です。

オリエントの品質レベルの機械式時計は、海外ブランドの相場は安くても10万円以上ですが、オリエントの機械式時計はなんと!4万円台から購入可能なのです!!

この圧倒的なコストパフォーマンスがオリエントの最大の魅力ですね!

スカーゲン

スカーゲンのコンセプトとして知られているのが「デザインの美しさや高品質は、必ずしも高価である必要はない」という強い信念です。

老舗ブランドたちによる高級腕時計の開発が競争されていた当時において、この大胆なコンセプトは時計業界の常識を打ち破る気鋭の戦略となりました。

基本的にシンプルでカジュアルなデザインとなっているため、少し重厚感や落ち着いた印象が欲しいときにはメタルベルト、オンオフ関係なくソフトな印象が欲しいときは革ベルトというように、ベルトの種類を変えることで幅広い好みに合わせながら自分だけのカスタマイズを楽しめるということもスカーゲンの大きな魅力です!

アニエスベー

1975年に女性デザイナーのアニエス・トルーブレ氏によって立ち上げられた、フランス・パリ発のファッションブランド、アニエスベー(AGNES B.)。

ファッションをはじめ、キッズ、香水、化粧品、雑貨など幅広いラインを世界的に展開しています。

アニエスベーはトレンドにとらわれないシンプルさや機能性が特長です。

それは、メンズウォッチにも反映されており、スッキリと整えられたデザインに仕上げられています。操作性と視認性も確保されているので、おしゃれなデザインだけでなく実用的なこともポイント。

また、「手の届くラグジュアリー」をコンセプトにしている通り、高品質ながらお買い得な時計がラインナップされています。

エンポリオアルマーニ

ファッションの街、ミラノのファッションブランドであるエンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)。アルマーニの創業者であるジョルジオ・アルマーニが満を持してスタートさせたセカンドラインで、よりファッション性を打ち出したシリーズです。

エンポリオ・アルマーニの腕時計の特徴としては、ホワイトやブラックなどに統一されたシンプルなカラーリングと高いカジュアル性を持つデザインが挙げられます。

文字盤の12時方向にはアルマーニのロゴマークでもあるイーグルが大きな存在感を示しており、クラシカルな雰囲気を持つボディデザインは幅広いシーンやファッションとも高い調和性を発揮します。

オメガ

1848年、スイスのラ・ショード・フォンで創業されたウォッチブランド、オメガ(OMEGA)。「究極の時計を作る」という自負から、ギリシア語の最終文字「Ω=オメガ」をブランド名に冠しています。

オメガの技術力は世界でもトップクラス。
過去にはアポロ計画、深海探査、オリンピックの公式時計などさまざまな分野で用いられ、技術力を世界に示し続けてきました。

ミハエル・シューマッハ、ジョージ・クルーニー、007のジェームズ・ボンドなど身につけたセレブも超一流ばかり。絶対的なステータスを約束するブランドだといえるでしょう。

メンズウォッチでは「スピードスター」と「シーマスター」が人気です。落ち着いた雰囲気を持つ「デ・ビル」も人気シリーズとなっています。

タグホイヤー

1860年の創業以来、精巧な技術力を活かし、モーターレースや、サッカー、テニスなどスポーツ界を支える時計を製造してきたタグホイヤー。

タグホイヤーは、スポーツの試合において最大限パフォーマンスが発揮できるような、視認性の高いスタイリッシュなモデルが多いです。

中にはスポーツに特化したようなデザインのモデルもありますが、ベルトを革製に変えたりすることで雰囲気を一変させ、スーツに合わせることもできます。

【まとめ】すぐにオススメできる人気メンズブランド10選

【定番ブランド】
①カシオ
②セイコー
③シチズン

【他人と被らないオシャレなブランド】
④ハミルトン
⑤オリエント
⑥スカーゲン
⑦アニエスベー
⑧エンポリオアルマーニ

【高級な時計が欲しい人へ】
⑨オメガ
⑩タグホイヤー