腕時計本舗が運営する『スマッシュウォッチ』編集部の荒井です!

初めて高級腕時計を購入するにあたって、実際に実店舗にて自分の目で見て確かめて納得がいった状態で購入するのが一番オススメです。

一方で、腕時計の購入場所は以下4つが挙げられます。

・正規店
・量販店
・並行店
・中古店

これらの場所ごとによって、それぞれ特徴や扱っている商品などももちろん違います。

また、自分自身が腕時計の購入に対して「何を重視するか」によっても適切な購入場所を選ぶ必要があります。

今回は少しでも安く新品を買いたい方にオススメな「並行店」での購入をテーマに、並行店の特徴や購入のメリット・デメリットについてご紹介していきます!

他の購入場所についても詳しくご紹介した記事がございますのでぜひチェックしてみてくださいね。

腕時計の「並行店」とは?

「並行店」は正規店の次に信頼性が高く腕時計が購入できる場所です。並行店は正規店と比較して輸入ルートが異なるだけですので、扱っている商品も本物です。

そのため、腕時計の購入が初めての初心者の方にとってもオススメできます。

正規店よりも腕時計を安く購入できるのが一番のメリットとして挙げられますが、店舗ごとによって独自のアフターサービスや保証を用意していることもあります。

一方で、高級腕時計は海外製の輸入品も多いので、円安の影響を受けると時期によって正規品との価格差があまりなくなることもあります。

並行店で腕時計を購入するメリット

簡単に並行店の特徴についてご紹介しましたが、次にメリットについても見ていきましょう。並行店で腕時計を購入するメリットは以下の3つです。

・定価よりも安く買える
・オーバーホールの料金が安い

・下取りサービスなどの買い替えが可能

それぞれご紹介していきます。

定価よりも安く買える

並行店で販売されている多くの腕時計は、限定品やプレミアのついた商品を除き、正規店よりも安く販売しています。

並行店が定価よりも安く販売できる理由は、国内より安く腕時計を入手できる国や地域から仕入れていることが挙げられます。

特に、定番モデルや在庫が多いモデルは流通量が多いので相場が安定しており、安く購入できます。

欲しい腕時計が定番のものであるならば、並行店での販売価格もチェックし、正規店と比較することがオススメです。

オーバーホールの料金が安い

オーバーホール料金について、正規店で購入した場合はブランドごとの会員になるなど、割安でオーバーホールできる特典などがついています。

一方並行店では、自社で修理工場を持っていたり、修理店と契約を結んでいたりするので購入後のオーバーホール料金についても、サービスを安く提供してくれる場合があります。

正規メンテナンスではありませんが、その分メーカーよりも料金が安い点がポイントです。

並行店によってはオーバーホールの無料化や、割引を実施している店舗もあるので、スタッフに確認してみることをオススメします。


オーバーホール料金は正規店と比較すると、大体30%〜50%程安く提供している並行店が多いです。機械式時計は特に、長く使用するためメンテナンスが不可欠なものですので、修理料金が安いという点は長い目で見てお得と言えるでしょう。

下取りサービスなどの買い替えが可能

初めての高級腕時計を買う方でもオススメできる並行店ですが、既に腕時計を所有しており、コレクターの方でなければ買い替えもオススメできます。

既に持っている腕時計を下取りに出してしまえば、状態にもよりますが新しいモデルを割引して購入することができます。また、メンテナンスのコストも抑えることも可能です。

もちろん、同じブランドであっても正規店では下取りサービスは実施していないので、並行店だけのユニークなサービスとなります。

並行店で腕時計を購入するデメリット

並行点で購入するメリットもあれば、もちろん以下2つのデメリットもあります。

・正規修理を受けられないこともある
・中には検品や管理が甘いショップも存在する

デメリットについてもしっかりと把握したうえで、並行店での購入を総合的に考えましょう。

正規修理を受けられないこともある

並行店で腕時計を購入した場合、正規修理が受けられないブランドも存在します。

一方、ほとんどのブランドではメンテナンスの受付が終了したり、パーツのストックが無くなってしまわない限り、並行品でも修理は受け付けてくれるので大きな心配はいりません。

並行店で購入した商品の正規修理が受けられないブランドのひとつに、「フランク ミュラー」が挙げられます。

独立系ブランドであるため、並行品の他にも海外で購入した一部のモデルは、日本国内で修理を受け付けてもらえないケースもあります。

中には検品や管理が甘いショップも存在する

並行店は正規店とは輸入ルートが違い、バイヤーや海外店からの独自のルートで仕入れています。したがって、商品状態にばらつきがある可能性もあるので注意が必要です。

並行店によっては、正規店では付属している付属品が欠品していたり、B級品が紛れ込んでいることもあります。

管理状態についても一律の管理基準がある正規店とは違い、独自の管理体制なので信頼できる店舗か、実績がきちんとあるかがポイントになります。

ちなみに、新作については正規店での発表及び販売が先になるので、基本的には正規店よりも取り扱いが遅れます。そのため、どうしても新作が欲しい場合は並行店より正規店での購入がオススメです。

「並行店」で購入するメリット・デメリット まとめ

ここまで並行店の特徴、そしてメリット・デメリットをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

・並行店では正規店と比較して流通ルートに違いがある
・正規店と比較すると、安く腕時計を購入できるうえ、オーバーホール料金も安い
・並行店の質は店舗によってばらつきがあるので、安心して購入できる店舗を見極める必要がある

今回は並行店を中心にご紹介しましたが、他の量販店や正規店、中古店の特徴やメリット・デメリットについても解説している記事がございます。

初めての高級腕時計の購入に失敗しないように、この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。