腕時計本舗が運営する『スマッシュウォッチ』編集部の荒井です!

初めて高級腕時計を購入するにあたって、実際に実店舗にて自分の目で見て確かめて納得がいった状態で購入するのが一番オススメです。

一方で、腕時計の購入場所は以下4つが挙げられます。

・正規店
・量販店
・並行店
・中古店

これらの場所ごとによって、それぞれ特徴や扱っている商品などももちろん違います。

また、自分自身が腕時計の購入に対して「何を重視するか」によっても適切な購入場所を選ぶ必要があります。

今回は家電のように手軽に腕時計が買える「量販店」での購入をテーマに、量販店の特徴や購入のメリット・デメリットについてご紹介していきます!

他の購入場所についても詳しくご紹介した記事がございますのでぜひチェックしてみてくださいね。

腕時計の「量販店」とは?

皆さんも一度は利用したことがある家電量販店でも、店舗によって腕時計を扱っている場所もあります。

扱っている腕時計も店舗によって異なりますが、多くはさまざまなブランドを扱い、数万円から数十万円のものまで幅広く展開しています。

量販店の時計の流通経路は並行店とほぼ一緒なので、偽物がないという安心感があり、正規店での購入よりも安く時計を購入できることが多いです。

さらに、量販店ごとに提供しているポイントを利用すれば、値引きも可能です。


ポイントの利用について、逆に高級腕時計を購入した際に入手できるポイントも高いため、そのポイントを量販店での他の買い物に流用できるのも嬉しいですよね。

そのため、量販店の利用が多い方は腕時計も量販店で購入するのがオススメです。

それでは、量販店で腕時計を購入するメリット・デメリットについてもご紹介していきます。

量販店で腕時計を購入するメリット

大きな量販店ほど扱っている腕時計のラインナップも充実しています。
そして、量販店で腕時計を購入するメリットは以下が挙げられます。


・量販店で使えるポイントが付与される
・中には正規店も存在する
・国産時計は正規店よりもお買い得


それぞれ解説していきます。

量販店で使えるポイントが付与される

量販店での販売価格は、並行店での販売価格よりも若干高めではあるものの、定価よりも値引きされていて、そのうえに独自のポイントも付与されます。

ポイントの還元率は量販店ごとに異なりますが、10%程に設定されている店舗も多く、腕時計のモデルによってはポイントアップを期間限定で行っている実例もあります。

そのため、量販店での購入を考えている方は、自分の欲しい腕時計のポイント還元率やポイントアップがされているかどうかのチェックは必須と言えるでしょう。

特に、高級腕時計ほど還元されるポイントが大きいので、数%のポイントアップでも侮れません。

中には正規店も存在する

例えば、高級腕時計ブランドのタグホイヤーについて、ビックカメラでは正規品を販売しています。

タグホイヤーの正規品を購入すると、特典として「エドワードクラブ」に無料で入会でき、オーバーホール価格が安くなります。

高級腕時計を一生ものとして購入するのであれば、特に機械式のものとなるとメンテナンス費用も高くつくので、維持費についても考慮する必要があります。

正規店での販売以外はメンテナンス費用が高くなってしまうブランドも存在するので、ブランドによって量販店での購入でも正規店と変わらないサービスを受けられるのは大きなメリットではないでしょうか。

※ブランドによってサービス内容は異なります。

国産時計は正規店よりお買い得

正規品と並行品の差がない国産時計について、既に本体価格が値引きされている量販店で購入する方が、正規店で購入するよりもお買い得なパターンが多いです。

還元ポイントにも期待ができるので、他の買い物に利用することもできます。

しかし、腕時計によっては製品仕様に違いがある可能性があるので、商品についてわからないことなど、都度スタッフに質問してみることをおすすめします。

量販店で腕時計を購入するデメリット

上記で量販店で腕時計を購入するメリットについてご紹介しましたが、以下のデメリットもあります。

・ポイント還元率が低いブランドもある
・商品のディスプレイに不安あり
・スタッフの商品知識に差がある


デメリットについても把握した上で量販店で購入するかどうかを決めましょう。

ポイント付与率が低いブランドもある

量販店ではポイントカード制を採用している店舗も多いですが、ポイント還元率が悪いブランドもあります。

例えば、ロレックスの場合は5%に設定していることが多く、ルイ・ヴィトンの場合はポイントが存在しません。

このように、ポイント目当てで一部の人気なブランドを量販店で購入するのはあまり得策ではなく、事前の確認が必要です。

商品のディスプレイに不安あり

量販店では時計専用の什器を使用していないことも多く、時計同士が隣接している場合にはスタッフが用心していたとしても腕時計に傷がついてしまうことがあります。

ディスプレイも量販店ならではのものを使用しているので、実際に見てみると腕時計同士の間隔がかなり近いこともあります。

高級時計ほど、軽微な傷であっても一度ついてしまうと気になってしまいストレスですよね

そのため、ディスプレイについて気にしてしまう方ほど、量販店での腕時計購入はオススメできません。

スタッフの知識に差がある

量販店は正規店とは違い、時計に関する知識に詳しいスタッフが常駐していない可能性もあります。

商品のモデル、内部機構と行った詳細情報や、腕時計の使い方などの質問をした際に詳しい回答ができるかどうかはスタッフ次第、という点がデメリットです。

もし、欲しい腕時計が量販店にあり、購入しようと思った場合の情報は、あらかじめ自分でその腕時計について調べておくことをオススメします。

「量販店」で購入するメリット・デメリット まとめ

ここまで量販店の特徴、そしてメリット・デメリットをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。

・量販店は並行店と変わらない流通経路で安心、定価より安く購入できる
・ポイント還元も期待でき、実質的に値引きが見込める
・ポイント還元率が低いブランドもあり、スタッフの質には正規店レベルの期待が難しい


今回は量販店を中心にご紹介しましたが、他の並行店や正規店、中古店の特徴やメリット・デメリットについても解説している記事もございます。

初めての高級腕時計の購入に失敗しないように、この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。