メジャーリーガー大谷翔平選手がイメージキャラクターを務めるSEIKO「アストロン」最新モデル5Xが発売された。
 テーマは「世界に、挑む人へ。」
まさに世界を股にかける一流ビジネスパーソンにふさわしい、「アストロン」至上最高傑作である。
なぜ彼らは「アストロン」を選ぶのか?
前作8Xから更に”進化”した最新モデル5Xの魅力に迫る。

SEIKO「アストロン」シリーズとは

 2012年9月に発売された世界初のGPSソーラーウォッチ「アストロン」
 最大の特徴は定期的な電池交換の必要がない“ソーラー充電機能”、そして地球上のどこにいても素早く正確な時刻の表示を可能にする”リングアンテナ””スマートセンサー”である。
 
 そもそも「アストロン」という名は、SEIKOが1969年に生み出した世界初のクオーツ腕時計「クオーツ アストロン」に由来する。“クオーツ”とは水晶が一定周期で振動する性質を用いて時を刻む電池式で、現在最も一般的なタイプである。それまで主流であった手巻き・自動巻きの時計と異なり、誤差が小さい点で画期的であった。そして“アストロン”とは、古代ギリシャ語で星を意味する。
 
 世界初の高精度腕時計であり星の名を冠する「クオーツ アストロン」。その文脈を受け継ぐ本シリーズ「アストロン」もまた、世界初の機能を備え、星と呼ぶにふさわしい一品となっている。
 

 「アストロン」シリーズの特徴は、前述の通り”ソーラー充電機能””リングアンテナ”、そして”スマートセンサー”にある。
 
 ”ソーラー充電機能”は、「クオーツ アストロン」を原点としたクオーツ腕時計のネックであった定期的な電池交換を不要としている。その名の通り太陽光や蛍光灯をはじめとした光エネルギーにより稼働するためだ。後述の通り、本シリーズはGPS衛星の捕捉により精密かつ高速な時間表示を可能にしているわけだが、この衛星の捕捉を外部充電なしに実行できるのだから驚きである。
 
 ”リングアンテナ”も名前のとおり、リング状のアンテナである。このアンテナにより我々のはるか上空、人工の星(アストロン)・GPS衛星から電波を受信。新宿やニューヨークのビル群にいようと、成田空港やユーロスターの中でさえ正確に位置情報を捕捉し現在地に合わせた時刻表示を可能にしている。
 
 そして“スマートセンサー”は、ダイヤルに太陽光が当たることで自動的に時刻修正を行うSEIKO独自の技術である。この技術により誤差10万分の1秒という驚異の精度で日々正確な時刻を我々に教えてくれる。一般的なクオーツ時計でも1ヶ月の間で数十秒の誤差が生じると言われているのだから、その精密さがわかるだろう。
 
 電池交換や時刻修正のコストを省き、精密さを極限まで追求した「アストロン」シリーズは、一分一秒、世界で戦うビジネスパーソンを正確に未来へ導く星なのである。

「アストロン」5Xの進化

 「クオーツ アストロン」の誕生から約50年、そして、前作8Xの発売から約4年。満を持して登場した最新モデル5Xは、どのような進化を遂げたのだろうか?

 「アストロン」シリーズの絶対的テーマである”高精度の追求”。5Xモデルでは高精度での時刻取得を可能にする受信性能に関わる全部材を一新。東京―ニューヨーク間の運針速度が8X:34秒のところ、本作5Xでは3秒という驚異的な速さに向上している。
 
 また、「アストロン」シリーズの特徴である”スマートセンサー”も進化。8Xでは1日1回の自動時刻修正であったが、5Xでは最大2回、GPS衛星電波を受信し正確な時刻に修正を行う。
 
 この自動時刻修正の成功率も大幅に向上しているのだが、その背景にあるのは“準天頂衛星「みちびき」”が2017年に4機体制となったことだ。この「みちびき」による高精度測位サービスは、5X発売同月である2018年の11月より提供開始。従来のGPSによる位置誤差が数メートル単位であったところ、この「みちびき」は数センチメートル単位にまで迫っている。(なお、センチメートル単位で正確な位置情報を捕捉できるのはこの「みちびき」が世界初である。)
 また、この「みちびき」は今後7機体制を目指すと決定されている。これにより未だ見ぬ次世代の「アストロン」の、さらなる”高精度の追求”に期待が高まるところだ。
 
 そして「クオーツ アストロン」「アストロン」を語る上でのキーワード”世界初”の腕時計への挑戦。今作5XではGPSソーラーウォッチの”世界最小最薄”に挑んでいる。
 従来モデルよりも30%の小型化に成功し世のビジネスパーソンを驚かせた前作8X。5Xではさらなる薄型化を実現し、”世界一”小さく薄く、正確に位置情報を捕捉可能なGPSソーラーウォッチとして彼らを魅了する。
 
◆運針速度(東京→ニューヨーク間)
5X 3秒
8X 34秒
◆自動時刻修正
5X 一日最大2回
8X 一日1回
◆厚み
5X 12.2mm
8X 12.4mm~14.5mm

5Xは一流ビジネスパーソンが重視する速さ・正確さ・薄さを前作からさらに追求した至高の作品と言えよう。

「アストロン」を愛する男たち

 “世界初”、そして”世界一”の称号をほしいままにしてきた「アストロン」シリーズ。もちろん著名人の中にも多くのファンが存在する。
 
<愛用者>
SBXB045-阿部寛氏(俳優/ドラマ『下町ロケット』内での着用)
SBXB003-西島秀俊氏(俳優/ドラマ『流星ワゴン』内での着用)
SBXA003-安倍晋三氏(内閣総理大臣/テレビ出演時の着用)
     -ダルビッシュ有氏(メジャーリーガー/テレビ出演時の着用)
SBXB041-大谷翔平(メジャーリーガー/テレビ出演時の着用)
      小泉進次郎氏(衆議院議員/テレビ出演時の着用)
SBXA003-古田敦也氏(元プロ野球選手)
SBXA007-別所哲也氏(俳優)
 
参照元:「芸能人の腕時計.com」http://www.shirokumasan.com/index.html

まとめ

 如何だっただろうか?
 SEIKOが世界に誇る「アストロン」シリーズ―その最新作5X。世界初の「クオーツ アストロン」より受け継がれる”世界への挑戦”という意志。それこそがインターナショナルに活躍するビジネスパーソン達を導き、共に時を刻み、そして彼らを魅了する秘密なのである。
 
<「アストロン」の通販、取扱ラインナップ>
腕時計本舗 「アストロン」シリーズページ