ファッションやグルメのみならず、腕時計の世界にもトレンドというものが存在します。それぞれの時代に応じて、人気の腕時計は時々刻々と変化している一方、世代を超え、常に愛され続けているモデルもあるのです。そのひとつが、オメガのスピードマスターシリーズ。機械式腕時計の入門モデルとしても人気で、今まさに購入を検討しているという方も多いのではありませんか?今回は、そんなオメガ・スピードマスターの魅力をお伝えしていきます。

■オメガ・スピードマスターの基本スペックと腕時計としての魅力

まずは、このモデルを語る上で絶対に外せないエピソードからお話ししましょう。スピードマスターは人類史上初、もしくは現時点で唯一、月に降り立つことが許された腕時計として知られています。これはアメリカによるアポロ計画の際、多くの候補から厳しいテストをくぐり抜け、公式腕時計としてこのモデルが選ばれたからです。スピードマスターは別名「ムーンウォッチ」とも呼ばれますが、アポロ計画にその由来がありました。
 
現在でも、当時のスペックを継承した現行モデルとして「スピードマスター・プロフェッショナル」を販売中。クロノグラフ(ストップウォッチ)機能付きの手巻き機械式腕時計で、本体およびバンドにはステンレスが、風防にはこの価格帯のモデルとしてはめずらしいプラスチックが用いられています。
 
なぜこのような仕様になのかというと、当時から自動巻腕時計は存在したものの、無重力空間でローターが正しく作動しない可能性があるため、あえて手巻きムーブメントを採用したとのこと。加えて、万が一○○が割れた際の飛散を防ぐため、風防にプラスチックを採用した、とされています。
 
また、この腕時計をベースにややコンパクトなサイズ感にまとめ、自動巻ムーブメントを採用した「スピードマスター・オートマティック」というモデルも。こちらは、もうひとつのスタンダードモデルとして人気を集めており、発売当初から2000年代にかけてはプラスチック風防が採用されていたものの、現在では傷のつきにくいサファイアクリスタルガラスに変更しています。その結果、より実用性が高まったのです。

■幅広い世代に愛されるオメガ腕時計・スピードマスターの幅広いラインナップ

前述のプロフェッショナルとオートマティックのみでなく、スピードマスターには用途に合わせてさまざまなモデルがラインナップされています。ここでは、その一部をご紹介しましょう。
 
・スピードマスター・デイト
日付表示機能を追加したモデルで、オートマティックをベースとしたモデルになります。
ビジネスユースとして高い人気を集めていることから、文字盤やベゼルの色違いモデルや、シックな印象を与える革バンド採用モデルも存在。また、この派生モデルとして、曜日表示も可能なデイデイト、月の表示もできるトリプルカレンダーもラインナップしています。
 
・スピードマスター・プロフェッショナル・バックスケルトン
ベースとなっているのはスピードマスター・プロフェッショナルですが、ムーブメントの様子を確認できるようにバックスケルトンが採用され、風防にもサファイアクリスタルガラスが用いられています。傷がつきにくいことから、このサファイアクリスタル仕様のモデルは非常に人気が高く、現在では通常のプロフェッショナルでも選択できるようになりました。

■初めてのオメガ腕時計にもぴったりなスピードマスター

オメガにはシーマスターやコンステレーション、デ・ヴィルといった魅力的なシリーズがいくつもラインナップされています。そんな中、定番として長く愛され続けているスピードマスターはオメガ入門、もしくは高級腕時計入門に最適のモデル。バリエーションも豊富ですので、きっとあなたにぴったりなモデルをみつけられるでしょう。