お気に入りの腕時計、改めて観察するとベルト表面に細かい傷が入っていたり、コマとコマの間に黒いゴミのようなものが溜まっていたりします。また、一番ぶつけてしまいやすいフェイス部分では、風防に傷が入っていたり、ベゼル部分がくすんできていたり、普段気づかない汚れや痛みに気づくと思います。また、こちらも気づきにくい部分ではありますが、汗や、汚れによってなんとなく金属の錆びたような嫌な臭いがすることもあります。腕時計は、靴と同様、他の人は意外とよく見ていたりしますのでできれば綺麗に保っておきたいものです。そんな、腕時計の汚れや傷、臭いをリフレッシュ出来る簡単な腕時計の手入れ方法について解説致します。

汚れを落とす

まずは、隙間や、表面についた汚れをとってしまいましょう。時計は細かなパーツで構成されているので、一つ一つバラして掃除するのはなかなか大変です。そんな時役立つのが、どこの家庭にでもある歯ブラシです。歯ブラシを利用することで細かな隙間に溜まった汚れも落とす事が出来ます。しかし歯ブラシを使う際には、歯磨き粉が残っていないように良く洗ってから使用してください。歯磨き粉には研磨剤の成分が入っているものもあるので、時計の表面に傷が入ってしまうこともあるためです。また洗浄後に腕時計本体を水で洗い流す際は時計がそもそも防水使用のものかを確認し、リューズがしっかりしまっているかも確認が必要です。時計を洗うために水で洗い内部浸水し壊れてしまったなんてことになれば本末転倒ですからね。
他には、メガネ店などにある超音波洗浄機を利用する手もあります。超音波洗浄機を使うと驚くほど汚れが溜まっているのが目に見えてわかります。

磨く

汚れが落ちた所で、続いては輝きを取り戻す磨き作業を行って行きましょう。腕時計の金属ベルトはほとんどの場合がステンレススチール素材が使われています。ステンレススチールは1年ほど利用すると徐々に輝きが鈍くなり、傷が目立って来ます。こちらも市販の研磨剤や金属磨き用のクロスを利用するとかなり綺麗にすることが出来ます。研磨用の薬剤やクロスなどはホームセンターなどで簡単に手に入ります。クロスに液状の薬剤を付け、金属部分を磨いていきます。磨き残しや、磨き過ぎが無いように丁寧に磨いてください。徐々に輝きが戻って来ますので根気強く作業をしてみてください。また、簡単に済ませる方法として100円均一などに売っているシルバー磨きを利用するというのも効果的です。磨くだけでかなり綺麗になりますよ。ここでも注意が必要ですが、風防(ガラスの部分)にも様々な素材があり、研磨剤で磨くと傷が付く場合もありますので、ベゼル周りを磨く際は風防につかないように注意しながらすすめて下さい。また、もともとサテン仕上げになっている時計などは、筋の向きに沿って磨いて行かなければサテン部分がムラになったり、筋目が消えてしまったりする場合もあるのでこちらも合わせて注意が必要です。

まとめ

今回は金属ベルトの時計の手入れ方法に関して紹介してみました。汚れが気になる腕時計などを自宅での手入れで綺麗にリフレッシュすることができれば、時計への愛着も増し、身だしなみとしても非常に気分が良いと思います。日頃から簡単に出来る手入れでお気に入りの腕時計を長く、綺麗に使って行きましょう。とはいえ、磨きの作業などは下手をすると、傷が悪化したり、本来の美しさが失われたりする作業ともなっていますので、やはり一番良いのは時計屋さんなどリフレッシュして貰うほうが安心ですね。メーカーによっては店頭などで掃除を含めた手入れを行ってくれる所もあります。