ビジネスマンには不可欠な腕時計。一言に腕時計といっても様々な種類やブランドがあります。
その中からスーツに合う、自分に合う腕時計を見つけるのって結構ハードルが高い。
単に好みだけで選んで失敗するなんてことはしたくないので、ポイントを押さえつつニーズに合った時計を選んでいきましょう!

1.ビジネスシーンでの腕時計選びのポイント

ビジネスマンとして押さえておきたいポイントは4つ

・腕時計は必ず着ける
・デジタル表示ではなくアナログ表示を選ぶ
・出来る限り黒皮、無地文字盤、三針のものを選ぶ
・上司や取引先担当者より良い時計をしない

です。
腕時計は必ず着ける
大前提としてビジネスマンとしてのマナーです。極端に言えば「時間感覚のない人」と取られかねません。
また、最近ではスマートフォンで時間が確認できるからといって腕時計をせずスマートフォンを取り出して 確認している人がいますが、商談中や会議中などは相手に対して失礼に当たります。

腕時計は必ず着ける

大前提としてビジネスマンとしてのマナーです。極端に言えば「時間感覚のない人」と取られかねません。
また、最近ではスマートフォンで時間が確認できるからといって腕時計をせずスマートフォンを取り出して 確認している人がいますが、商談中や会議中などは相手に対して失礼に当たります。

デジタル表示ではなくアナログ表示を選ぶ

デジタル表示はビジネスシーンではかなりカジュアルな印象を与えますし、稚拙にも見えかねません。
また、デジタル表示のものは一部に音がなるものもあります。大事な商談中に相手を焦らせるような印象を 与えかねません。TPOを考え、デジタル表示はプライベート、ビジネスではアナログ表示を選ぶようにしましょう。

出来る限り黒皮、無地文字盤、三針のものを選ぶ

必ずしもというわけではありませんが、これらの要素を押さえた時計なら間違いはありません。
茶ベルトなどは少々カジュアルな印象を与えますし、よりフォーマルなシーンほど黒が望ましいです。
材質はステンレスでも構いませんが皮のほうがよりフォーマルです。ラバーやナイロンなどはNG。
また文字盤は下手にデザインが施されていないシンプルな方がキッチリとした印象を与えます。
針は秒針を含む三針の方が時間感覚を印象付けるイメージがあり、望ましいといえます。

上司や取引先担当者よりいい時計をしない

ビジネスマンたるもの良い時計をと思いがちですが、注意が必要です。 上司や取引先の重役などより良い時計をしていると気にする方にとっては非常にマイナスイメージです。 ここは気持ちを抑えて身の丈にあったものを選びましょう。

2.スーツに合わせるときのポイント

・靴、ベルトと色を合わせる
・スーツとのランクを合わせる
・体型に合ったケースサイズを選ぶ
・フォーマルとカジュアルの見分け

実際にスーツに組み合わせるときに抑えておきたいポイントは4つ

靴、ベルトと色を合わせる
靴とベルトの色を合わせるのはビジネスマンとしての基本ですが、腕時計のベルトも合わせるとお洒落感が増します。 色のばらつきがない分締まった印象を与え、身だしなみが行き届いた印象を与えます。

スーツとのランクを合わせる
安価なスーツに高価な時計はアンバランス。わかる人にはわかってしまいます。その逆も同様。 それぞれのバランスを考えつつ自然になじむものを選びたいものです。参考までに年齢層別の腕時計の価格相場は

・20代>1.5万円~5万円
・30代>5万円~10万円弱
・40代以上>30代と同等もしくはそれ以上の価格帯の物

が妥当なところでしょう。

体型に合ったケースサイズを選ぶ
もう1つ押さえておきたいのが、体系や顔のカタチと合わせるということです。 例えば体の大きい人は丸型のケース、筋肉質の人は正方形のケース、 細身な人は縦長の長方形のケースの腕時計をつけると相性がいいです。

フォーマルとカジュアルの見分け
ベルト素材や文字盤のインデックス、ケース形状などビジネスシーンでは好ましくないものがあります。 ベルト素材ではラバーやナイロンはカジュアル。インデックス文字は派手なものは同じくカジュアル。 ケース形状は三角など特殊な形状は遊び感を与える可能性あり。 出来るだけ冒険は避けつつも自身の個性にあった時計を見つけましょう。

3.ビジネスシーンで使えるオススメブランド

EMPORIOARMANI バレンテコレクション AR1703 

落ち着いた印象の中にも遊び心のあるデザイン。定番のブラックのレザーベルト、インデックスにはローマ数字を採用比較的若年層のビジネスマンに向いたモデル

セイコーセレクション SBPY119

傷の入りにくいサファイアガラスや日常生活用強化防水を搭載しています。年齢を問わないオールマイティなデザインのモデル

シチズンコレクション AT2362-02A

厚さが10mmを切る薄型モデルのためスーツやシャツの邪魔になりません。くせのないシンプルなデザインや、エコドライブといった充実した機能もうれしい一本

ブロニカ ダイバーズ

ビジネスシーンでもダイバーズウォッチはOKです。海外の高級ブランドと比較しても全くひけを取らないこのモデルは日本のものづくりに拘ったリーズナブルな逸品どの年代の方にもオススメできます。

Daniel Wellington クラシック 40mmケース

北欧発シンプル&スタイリッシュ時計として近年最も注目を集めているブランド。ビジネスシーンはもちろんカジュアルにも対応フレッシュな印象を与えるため比較的若年層の方向け。

ジョルジオフェドン1919 ヴィンテージ8

シンプルの中にも光る気品あり。多様なデザインの時計を排出しているジョルジオフェドンの中でも突出してビジネスシーンに似合う腕時計。若年層から比較的中年層まで対応できるデザイン。

4.まとめ

いかがでしたか?ビジネスシーンにおける基本を押さえつつも個性を表現するのは結構難しいと思われるかもしれませんが チェックするポイントを押さえながら選び勧めていくとある程度絞れてくるのではないかと思います。
ビジネスの現場で恥をかかないよう、また相手に好印象を持っていただけるよう気を配るのも「出来る」ビジネスマンとして必携のスキルです。
迷った際にはこの記事のポイントを参考に読み返してみてくださいね。

腕時計本舗の安定感抜群のダイバーズウォッチをチェック!