流行に乗るのはいいが流されて個性が消えるのは嫌だ。そんなこだわりのある方にお薦めの腕時計を紹介していきます。シンプルな中にデザイン性の高さを秘めた腕時計や、逆に一見すると奇抜なデザインなのによく見るとシンプルさが隠れている腕時計、時計という枠を飛び出してしまいかねないさまざまな機能を内蔵した腕時計など、一筋縄ではいかない面白さがあるものばかりです。

シンプルさと機能性を併せ持った北欧ミニマルなデザインウォッチ

北欧はスウェーデンの時計メーカー「TRIWA」は、斬新さと伝統を兼ね備えたデザインを、自社独特の世界観で表現するブランドです。Transforming the Industry of Watchesの頭文字を取ってTRIWA。旧態依然とする時計業界に変革を起こすという意気込みで名付けられています。北欧らしいミニマルで必要最低限の機能しかないシンプルな第一印象ですが、じっくり見ればファッショナブルな要素があちこちに散りばめられています。目ざとい人が見れば違いがわかる、ある意味では粋な腕時計ブランドです。

出典:http://www.nordicfeeling.jp/triwa_series.html

デンマークの「BERING」は、北極からインスピレーションを受けたデザインの腕時計を作る時計メーカーです。必要な要素を集約したミニマリズムを根底に敷き、素材の良さと機能を組み合わせることで、持つ人が本当に必要な要素のみで構成された腕時計として成立します。一見すると普通の腕時計なのに、機能的で高い品質を持ち、素晴らしい使い心地を持つ、普通ではない腕時計です。

出典:http://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/c/c1011/

同じくデンマークの「JACOB JEMSEN」はオーディオ機器やラジオ、テレビなどのインダストリアルデザインを起点としたブランドです。建築、自動車、食器、インテリア、アクセサリー、携帯電話のデザインにも手を広げており、腕時計もその中に含まれています。シンプルでありながら機能的なフォルムは「デザインは、万人に理解される言語である」というコンセプトを体現した造りになっています。職人の手で加工された腕時計は美術的な価値まで認められていて、ニューヨーク近代美術館にもコレクションとして選定されています。

出典:http://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/c/c1074/

これぞ質実剛健! ドイツブランドのデザインウォッチ

シンプルさと機能美を併せ持っているという点では北欧の特徴と同じですが、剛健さと堅牢さも兼ね備えたドイツの時計ブランドは、どこか日本のモノづくりに通じるものを感じます。
日本では高級車メーカーとしての印象が強いポルシェですが、子会社が展開する男性用服飾ブランド「ポルシェデザイン」は時計界に革命を起こした事で世に知られています。車のイメージが色濃くデザインに出ているのが最大の特徴で、シンプルモデルでさえスポーティさが感じられます。クロノグラフを用いたものが多く、針以外にもアナログデジタルの数字を用いた計測表示方法や文字盤カラーを鮮明にするなど、視認性の良さにも工夫が凝らされています。

ポルシェデザイン(PORSCHE DESIGN)FLAT SIX(フラットシックス)

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/kougasyou/636042440276.html

飛行機エンジンメーカーである「ユンカース」も、航空機やその計器類をモチーフとした腕時計を製造しています。一見するとクラシックな雰囲気を持つ普通の腕時計ですが、時刻表示やクロノグラフなどの視認性の高さは、使っていれば確実に差がわかる大きな魅力です。リュウズの部分に古いプロペラをモチーフとしたユンカースのロゴが入っているのが、粋なポイントです。

JUNKERS ユンカース バウハウス クロノグラフ(W)

出典:http://toranosuke-jp.com/?pid=43370471

ある意味では最もタイトル通りのコンセプト、イタリアブランドのデザインウォッチ

バッグやスーツケースも手掛けるイタリアブランド「Furbo」は、機械式腕時計も製造しています。ブランド名はイタリア語で「ずる賢い・抜け目ない男」という言葉で、流行という大きな流れに惑わされず、自分の感覚も含めた上で物を選ぶ。そんな意味が含まれた、イタリアの男にとって最高の褒め言葉です。機械式時計の精緻さやその歴史を重視していて、デザインにもそれが現れています。内部のゼンマイ部分が見えるデザインや、時、分、秒、24時間の4つの針が全て別の円に配置されているデザインがあって、独自の世界を作り出しています。

Furbo design F5028PBLBR ブラウン

出典:http://item.rakuten.co.jp/azul-montagna/furbo-f5028-b/#furbo-f5028-b

フルボが機械的機能美を巧み用いたデザインなら、「モモデザイン」の腕時計は常識を打ち破る発想やディテールに優れたデザインと言えるでしょう。ベゼルやケースでガラス縁を保護せずエッジ部分にブランドロゴを刻むなど、伝統的な時計メーカーでは考えつきもしないような製品を数多く発表しています。時計とはこういうものだ、といった固定観念を突き崩してくる、人の感性に直接迫ってくるようなデザインは、イタリアらしい魅力に溢れたセンスを見せています。

デュアルタイム MD077BK-03BK-RB モモデザイン

出典:http://www.e-tokei.jp/SHOP/MD077BK-03BK-RB.html

腕時計はセンスが要求される

職場で使う時計は、職種や社風に合わせればまず大失敗はありません。ですがプライベートでつける腕時計は、本人のセンスがモロに出るポイントです。流行に合わせるというのは、情報を多く取り入れ敏感に反応できる証拠ですが、それに乗っかるだけというのも芸がありません。今回紹介した時計ブランドはどれも腕時計としての本分を押さえつつ、デザインでも機能でも強い個性を放つものを製造しています。流行を追うだけでは物足りないというセンスのある人にも、きっと気に入ってもらえることでしょう。