腕時計本舗が運営する『スマッシュウォッチ』編集長の前下です!

腕時計には『クオーツ式』と『機械式』という2種類があることをご存知でしょうか?

世界中で長年使われている腕時計ですが、その腕時計にも機械式とクオーツという2つの種類があることをご存知でない方も多いのではないでしょうか?「クオーツ」とは「水晶」のことで、正確に時間を刻むために採用された仕組みのことで、現在の腕時計にも多くこの機構が採用されています。

そこで今回は、「クオーツ時計とはどんな仕組みなのか?」「機械式時計との違いは?」という内容について解説していきます!

クオーツ時計の仕組みとは?

クオーツ時計のクオーツは「水晶」という意味で、時計の中に小さな水晶を埋め込み、その水晶が電流を流すことで素早く振動して正確に時を刻む仕組みになっています。その振動が、IC(電子回路)によって1秒ごとの電気信号に変えられ、その信号が指針を動かす機構のステップモーターから歯車を通じて時計の針を動かしています。デジタル時計の場合は、ステップモーターの代わりに液晶パネルで数字で時間を表すのがデジタル時計です。

こうしたクオーツ式で時を刻む仕組みを腕時計に応用することに世界で初めて成功したのが、あの
セイコーだったのです。

▼1969年に誕生したクオーツアストロン(世界初のクオーツ腕時計)

出典:セイコーミュージアム

機械式時計の仕組みとは?

機械式時計はゼンマイで動く仕組みの時計です。
(おもちゃのミニカーで、地面を引きずりながら後ろに引き、離すと走り出すあのおもちゃもゼンマイで動いています)

下の図を参考にしていただくと分かりやすいですが、「1番車」「2番車」「3番車」「4番車」「ガンキ車、アンクル」「テンプ、ヒゲゼンマイ」というパーツで構成されており、これらが狂うことなく連動して動くことで時を刻む仕組みになっています。

まず香箱車と呼ばれる1番車がゼンマイの動力源となります。ゼンマイを巻くと元に戻ろうとする力が働き、その力で2番車、3番車、4番車へと伝わっていきます。詳しくは2番が分針と時針、3番が仲介役、4番が秒針を動かす歯車になっています。

出典:https://www.seiko-watch.co.jp/

「クオーツ時計」と「機械式時計」の歴史

セイコーが世界初のクオーツ腕時計「アストロン」を発表するまでも、機械式から脱する腕時計を作ろうとさ多くのメーカーが試みていました。そんな中でもセイコーのアストロンは日差±0.2秒、月差±5秒というとてつもない高精度であったことと、量産化に成功し、瞬く間にクオーツ時計が時計の主流となっていきました。

このクオーツ時計の量産化は、これまでの高級品とされてきた機械式の腕時計から、一般人にも購入できる日用品へと変わっていきました。そして機械式時計を生産してきたメーカーに大打撃を与えたことから、セイコーアストロンが登場した1969~1990年ごろまでの期間は時計業界の間では、『クオーツショック』と呼ばれています。

「クオーツ時計」と「機械式時計」 ムーブメントの違い

出典:entameatlus.com

まずはクオーツと機械式のムーブメントの違いから見てみましょう。ムーブメントとは"時計の中身"のことです。クオーツの腕時計は電池と電子回路によって針を動かしているのに対し、機械式の腕時計はゼンマイがほどける力を使うことによって針を動かしています。

クオーツは1秒毎に針が動きますが、機械式の場合は秒針が止まらずに動き続けているので、簡単に見分けることが出来ます。クオーツは回路が死んでしまうと回路の交換をする以外に修理方法が無いため、10年〜20年が寿命と言われています。一方で機械式は適切に取り扱っていれば数十年単位で使い続けることが出来るため、一生モノの時計として愛好家の間でも長く愛用されています。



▼あわせて読みたい
『一生使えて壊れない!』品質重視のメンズ腕時計ランキング7選

クオーツ時計のメリット・デメリット

ムーブメントの違いを見たところで、クオーツのメリットとデメリットからご紹介します。

出典:mr-coo.com

クオーツ時計のメリット

クオーツのメリットとしては、以下が挙げられます。

・機械式の時計と比べると非常に安い値段で手に入る
・衝撃耐性が高い
・精度が高い
・メンテナンス費用が安い


などが挙げられます。

クオーツの中にもブランド物からノンブランドの物まで幅広い価格の時計がありますが、機械式の時計と比較すると非常に安い値段になっています。また、1000円程度で売っているクオーツ時計でも月差±20秒程度しか誤差が無く、機械式時計は日差±10秒が一般的なことから考えれば、クオーツが圧倒的な精度を誇っていることはわかるかと思います。ショック耐性に関しては、機械式時計の場合2mの高さから落とせば大抵の場合故障しますが、クオーツの場合は2m程度の高さから落としても故障してしまうことはほとんどありません。

クオーツ時計のデメリット

デメリットは以下が挙げれらます。

・大半が工場で大量生産されているためデザインに面白みが無い
・修理不可能なものが多い
・寿命が短い


かつてのクォーツ時計は、機械式時計のように複雑な機能を載せることができませんでした。その理由としては、まずは機械式時計に比べてトルクが弱いことです。そのためクォーツ時計の針は、機械式時計に比べて短く薄いものが多いのです。こうした薄くて軽い時計の針は、修理のたびに交換の必要があります。

機械式時計のメリット・デメリット

最後に機械式のメリットとデメリットについてご紹介します。機械式のメリットとしては、趣味性とステイタスが高いことと、数十年単位で使える寿命の長さが挙げられます。50万円以上するような高額の腕時計はほとんどが機械式なので、趣味性とステイタスは当然高くなります。寿命に関しては摩耗しやすい一部のパーツを定期的に交換することによって、数十年単位で使い続けることが可能です。ただし、毎日使用し続けて50年も持つかと言うと、正直難しいところではあります。長期間使用していると機械やケースに錆びが出てしまい、そうなると修理自体が出来なくなるか、修理するよりも新品を購入した方が安くなることがあります。

機械式時計のメリット

機械式のメリットは以下になります。

・趣味性とステイタスが高いこと
・数十年単位で使える寿命の長さ


50万円以上するような高額の腕時計はほとんどが機械式なので、趣味性とステイタスは当然高くなります。寿命に関しては摩耗しやすい一部のパーツを定期的に交換することによって、数十年単位で使い続けることが可能です。ただし、毎日使用し続けて50年も持つかと言うと、正直難しいところではあります。長期間使用していると機械やケースに錆びが出てしまい、そうなると修理自体が出来なくなるか、修理するよりも新品を購入した方が安くなることがあります。

機械式時計のデメリット

機械式時計のデメリットは以下になります。

・価格・メンテナンス費用が共に高いこと
・衝撃に弱いこと


2日使わないとゼンマイが止まってしまうことなどが挙げられます。機械式時計は非常に繊細な作りになっているので、机から落としたりしただけで簡単に故障してしまいます。また、ゼンマイの持続時間は2日も無いので、例えば金曜日に時計を外して月曜日まで使わなかったりすると止まってしまいます。

「クオーツ時計」と「機械式時計」 まとめ

最近ではスマートフォンなどの携帯端末でいつでも時間を見ることが出来るため、腕時計を付けないという方も多くなってきています。しかし、場所によっては電子機器を持ち込めない場合があったり、商談や会議では時間確認でもスマートフォンを取り出していると失礼に見られてしまうこともあります。

どんな場面でも即座に時間を確認できる腕時計は、今後も欠かすことの出来ないアイテムではないでしょうか。まだ腕時計を持っていない方は、自分に合った腕時計を探してみましょう。